なにを“するか”
ではなく
なにが“できるか”